A to Z

自分の考えを効果的に伝え、ボキャブラリーを増やし読む力をつけたい方
難易度:上級

A to Zでは、AerospaceからZooまで、あらゆる話題をテーマを取り扱います。2000字前後の マガジン・英字新聞を読み、ディスカッションを行うことで、素早い読解力、単語力、そして発表 力の強化をめざします。

特徴

順番リーダー制

 毎週、各メンバーが順番で司会をします。担当になった人は議題の選定から、議論を深めたいポイントまですべて任されるため、英語の力を伸ばすいい機会となります。もちろんベテランの方のフォローもあるので、それほど気を詰めなくても大丈夫です。

じっくり読解

 難語や難しいセンテンスの意味を確認しながら、パラグラフ毎に順番に読んでいきます。語源の文化的説明などもあり、英語上達のために不可欠な、正確な文法の知識、多彩なボキャブラリ、短い時間で内容を理解する読解力を伸ばします。

意見を的確に伝える能力を磨く

 さまざまな分野に対して、決められたディスカッションテーマについて議論することで、専門以外の分野でも、意見を的確に伝える力を養います。外資系に勤めている方や、海外駐在経験の長い方がメンバーに多数いるので、その方達のポイントを抑えた意見は、大変参考になります。

教材

自分の興味がある英文記事(Newsweek等)を使用します。テーマは、A to Zという名のとおり、 AerospaceからZooまで、経済・政治・文化・スポーツ・環境・ビジネス・医学など、すべての分野が対象です。


準備

辞書を持参してください。担当リーダー(司会)に関する準備等は別途ご説明いたします。


リーダー・インタビュー (今回はYさん)


よろしくお願いします。早速ですが、A to Zはどんな活動を行うグループなのですか?テキストは特に使用せず、持ち回りで当日の主催者が変わるのが特徴かな。
担当者は記事のコピーとその記事を元に参加者でディスカッションしたいテーマ3つ程英文で書いた用紙を用意するのですが、勿論その用紙には難しそうな単語の意味を予め調べて記入するようにもなっていますので、知らない分野でも安心して参加できますよ。最後に用意された担当者のディスカッションテーマ3つについて更に議論を深めるのがメインイベントです。ですからあんまり長い英文では議論の時間がなくなってしまうので4時までには読了するのが目標です。

どんな記事なんですか?主催者は自分の興味がある英文記事を持ってきますので、経済・政治・文化・スポーツ・環境・ビジネス・医学と毎週バラエティに富んだ分野の英文に触れることが出来ます。英文はマガジン 英字新聞の記事が多く、量的には2000字前後ですね。 
パラグラフ毎に順番に読み、難語や難しいセンテンスの意味を確認しながら進みます。進行中にも意見や感想をどんどん述べるように主催者は質問を投げかけますからただ読んでばかりではないんですよ。

どんな準備をしていったほうがいいですか? 担当リーダーから事前に指示のあったことについて準備をして、当日は聞き手のみに回らずに、積極的に話をしてもらえればと思います。「最近行ったものとしては、「少年犯罪実名報道の是非」、「日本の企業文化」、「マーケティング事例」、「TVゲームの社会的影響」、「外国人向けの日本観光プランニング」「法律相談事例」などがありました。英語を勉強しながらも、最新のニュースや論点を知ることができるというのも、このグループの特徴のひとつだと思います。

しかしながら、AtoZは読んでいるばかりで、「会話がないからおもしろくない」と言う意見もあるようですが。 でも、中級から更に上級に進む場合、正確に英文を素早く読み、どんなジャンルでもそこそこ自分の意見を述べる力を身つけることが大切と考えています。前半は確かに読んでおり静かですが、後半は意見を言い合います。エキサイティングする場合もあり、これは結構楽しい時間ですよ。

やはり、事前準備もして行いった方がいいですか?様々な分野が出ますので、日本の新聞は毎日読んでおいてください。日経をリーダーは薦めます。そして、順番にリーダーを替えていきますので日頃から自分で発表したい分野の記事を探しておいてください。


参加メンバー・インタビュー (KKさん)


英語を勉強する理由は何でしょうか? 仕事で英語を使うため英語力向上が必要だったから。このグループに参加したのは英語レベルの高い人たちの中で勉強することがよい刺激になるから。

グループの印象はどうですか? 毎週、政治問題から映画やグルメの話題まで、英字新聞・雑誌(Timeなど)から選んだ記事を読み、英語でdiscussionするので、参加者を飽きさせない。苦手なTopicのときも博識な方々の意見や関連知識を聞くことにより、英語と一般知識の一石二鳥の勉強ができる。すばらしい英語力を持った方々が多いので、おじけつきそうになるが、多少英語に不安があっても気さくに受け入れてもらえる。AtoZは、グループメンバのレベルと取り上げる題材のレベル的にみて、僕は少し背伸びをして参加をしている気がしています。しかし、その分、自分が題材を提供するときには、自分にプレッシャーをかけられるし、他のメンバの題材の時にも得るものが多いです。

このグループについて、お勧めの点はありますか?
まず、居心地がよいこと。主に時事ネタで、いろんな題材について意見交換ができることがよいです。色々なバックグラウンドの人たちと色々なトピックについて話をすることで色々な意見に触れ、勉強が出来ること。英語力に優れた方々が多く、自分に刺激になること。

ページTopへ戻る

SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO